訪問介護体験談:たまごちゃんの巻。

訪問介護のあんしんサポートをご利用いただいた恩田さまより、素敵なお言葉をいただきましたのでご紹介いたします。
ご利用を検討中のご家族の参考になれば幸いです。

愛猫(たまご)が扁平上皮癌の宣告を受け、夜も寝られず泣いてばかりの毎日でしたが、普段からお世話になっていた谷沢さんが訪問介護をして下さることを思い出し藁にもすがる思いでお願いする事に。
谷沢さんは、沢山の情報と知識と経験をお持ちで、お話をする度に一つ一つ心が楽になり、たまごとの時間を大切に出来るようになりました。

訪問介護をお願いする前は、たまごも私達も必死に病気と闘っているものの、笑顔も無く、疲労困憊していました・・・
『ネット検索する時間をたまごとの時間に使って欲しい』と、分からないことは谷沢さんが代わりに詳しく調べてくれたことで、たまごとの時間を増やすことが出来ました。
また、沢山のアドバイス、情報を受けて実践してみたら、たまごの食欲も戻り、スキンシップも増えて穏やかに生活する事が出来るようになりました。
そして、いつでも連絡が出来るプランにしたので、側に頼れる方がいつもいる♪と思うと私の気持ちも楽になり、かけがえの無い大きな支えになりました。

大変なのは、まだまだこれからかも知れません・・・
でも、もうあたふたしません!
不安な事や、困ったことは直ぐに相談します♪たまごの為に…。

そして、たまごと一緒にいられる生活を穏やかに大事に笑顔で過ごせるように。

そのご家庭、猫ちゃんによって、状況は様々だと思いますが、看護や介護で悩んでいる方、苦しまれている方、是非一度、谷沢さんに相談してしてみて貰いたいと切に思います。